Column働く女性が家を買う、ということ
-わたしの母の経験から-

このホームページでは、労働におけるジェンダー問題について、考えてきました。
日本の問題、国際問題など学術的なことも述べてきましたが、わたしの身近な事例から学んだ「ジェンダー問題」について
ご紹介したいと思います。肩の力を抜いて気楽に読んでいただければと思います。

わたしは現在大学4回生で、母と社会人の姉と3人で暮らしています。
母はもともと働くのが好きで、いわゆる「バリキャリ」といわれるキャリア志向の人間でした。
そのため、子育てが一段落すると以前勤めていた市の職員として、再び働きはじめ、今も毎日仕事を楽しんでいます。
家族が好きで、仕事が好きで、家でも外でもいきいきと働いている母は、わたしにはとても輝いて見えました。
きっとそんな母の姿をみていたから、わたしも社会に出てバリバリ活躍したい・・・と幼心に思っていたのかもしれません。
父は私が高校生のころに他界したのですが、父の分も、と家族皆が助け合ってお互いの夢を応援しあうような家族です。

そんな私たち一家ですが、姉の就職をきっかけに自宅を買い替えることになりました。
東灘区のマンションで新生活をはじめて早1年!無事マンションを購入するまでは、いろいろなことがありました。
「住み替え先はどうやって選べばいいんだろう?」「いきなり不動産会社に飛び込むのは勇気がいるな・・・」
「シングルマザーが家を買うって、どうなの?」などなど。
でも日頃のおこないがよかったのか(笑)、すばらしい家探しのパートナーに出会うことができたのです。

もともとは東灘区の一軒家に住んでいました。少し駅から遠くて、最寄り駅までは、自転車とバスをつかって25分、
というところなのですが、静かな住宅街環境もよく、のびのびと子供時代を過ごしたことを覚えています。
ただ、昨年姉が、就職し芦屋で働くことになったのですが、医療系の仕事で朝が早かったり夜が遅かったりとけっこう大変。
母も私も弟も、それぞれ通勤・通学にけっこう時間がかかっていたということもあって、
同じ東灘区で、マンションを探そうか、ということになりました。
一軒家からの買い替え、こんな経験ははじめてだったので、家族皆でいろいろと検討。
まずは手当たり次第、インターネットで情報を集めようとしたのですが、でもなかなか家を探すって難しいんですよね。

そんなとき姉が仕事帰りに立ち寄った岡本駅で、おしゃれな不動産会社を見つけてきたんです。
それがシーズ不動産販売。駅から近くて、きれいなお店で、お客さんもたくさん入ってたよ、と聞いて興味を持ちました。

岡本営業所。シーズ不動産販売ホームページより

さっそくホームページを検索してみると、こちらもとってもおしゃれでした。
不動産会社というと、「かたい、男性的な」イメージをしていたのですが、あたたかくて、親近感がわくサイトだったんです。
「家を買う」というページを見てみると、
「区」や「駅」「路線図」「学校区」「こだわり」条件から探せるようになっていました。

さっそく「東灘区の中古マンション」を調べてみました。
東灘区にある中古マンション一覧が出てくる。写真と間取りやマンションの情報が同時に見れて、比較がしやすい。
また、スタッフさんが感じるそのマンションの魅力や特徴などのポイントも書いてあって参考になりました。
※わたしが見ていたのはこのページです。↓↓
◆東灘区の中古マンション https://www.seeds-f.com/buy/higashinada/mansion/

そして気になった物件はお気に入りに登録していきました。
気に入ったマンションは3つぐらい。通勤・通学を考慮して、駅が近くて、夜道が安全で、あまり繁華街などの騒音が
気にならないところがいいなとしぼっていきました。
そのあと物件についての問い合わせを送ると、スタッフさんからメッセージが届きました。
詳しい資料や写真やメッセージが送られてきて、さらに親近感が増しました。
一週間後、姉と母とともにお店を訪れることに。
母も父と結婚してから数十年、不動産屋さんに行くのもかなり緊張していたそう。
どきどきしながらお店に入ってみると、女性単身の方や男性単身の方、新婚さん、ご家族連れの方と
さまざまなお客さんがいました。
スタッフも女性も男性もいらっしゃって、少し緊張も和らぎました。
わたしたちの担当は男性スタッフの方でした。一つひとつ丁寧に説明してくださり、
自宅の売却にあたっての査定などと並行して、マンション探しを進めていきました。

いろいろ世間話もしていたのですが、驚いたのが「女性の自宅購入」が増えているということ。
母がいうには、「数十年前は、女性が家を買う」なんていう常識なんてなくって
お店も家族連れか新婚さん、ご夫婦の方ばかり。
社会人の姉とも話をしていると、最近では働いて5年ぐらいのシングル女性が持ち家を買う、なんてもことも多いんだとか。

わたしたちの担当をしてくださったスタッフさんも、女性単身のご自宅購入を何度か担当されたようで
「働くモチベーションになるように」「プライドを持って働けるように」「自立した大人として生きていきたい」など
さまざまな動機があるんですよと教えてくださいました。
そんな話をきいて、わたしはなんだかうれしくなりました。

わたしたちも無事一軒家を買ってくださる方も見つかり、住み替え先のマンションも東灘区で見つけることができ、
家族3人、新しい生活をたのしんでいます。
自宅の買い替えを通して、女性の社会でのあり方も変化しているんだなと実感することになるなんて。
何事も社会勉強ですね。
わたしも来年社会人だけど、母のように、一人の大人として、女性として、社会人として、母として
胸をはって生きていたいなと、今からワクワクしています。

追伸:お世話になったスタッフUさん、ありがとうございました!